東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続を分割で行う方法を解説!残すか売却するかを見極めよう

不動産相続を分割で行う方法を解説!残すか売却するかを見極めよう

≪ 前へ|不動産を相続するときのために知っておきたい底地を整理するには   記事一覧   住吉神社初辰参りに行ってきました!|次へ ≫
カテゴリ:<相続知っ得!>

相続した遺産に不動産が含まれている場合、残された親や兄弟でどのように相続を行うか迷われる方が多いかと思います。

 

分割して相続するには、不動産を残すか売却するかによって方法が異なり、場合によっては相続人同士で大きなトラブルに発展するケースもあるので注意が必要です。

 

トラブルを未然に防ぐためには、どの方法で不動産相続を行うか見極めることが重要となりますので、分割相続する方法について把握しておきましょう。


不動産相続の分割方法

 

不動産相続の分割方法①不動産を残す3つの方法


不動産相続を分割で行う方法で、不動産を残す場合には「現物分割」「代償分割」「共有」の3つの方法で相続を行うことになります。

 

現物分割は不動産をそのまま相続する方法で、例えば不動産を受け取る人と、貯金を受け取る人など、ひとつひとつの財産を分けて相続する方法です。

 

代償分割では一人が不動産を相続する代わりに、住んでいない相続人に対して資産の価値に見合った現金を渡す方法で、例えば5,000万円の不動産を2人で分割するときには、相手に半額である2,500万円を渡す方法です。

 

共有は不動産をそのままの状態で、相続人全員で共有して保有する方法です。

 

いずれも不動産を残すことはできますが、現物分割では価値に差が出ることに不満が出やすく、代償分割は不動産の相続人に支払いできる蓄えがないと行えないデメリットがあり、共有は不動産の売却やリフォームを行う際にトラブルになるケースがあります。

 

不動産相続の分割方法②不動産を売却する方法


不動産を平等に分割する方法としては、売却し、現金化した後に分ける「換価分割」の方法があります。

 

現金化することで不平等になることが無く、残った不動産のメンテナンスなどを行わなくて良いメリットがあります。

 

分割相続では価値を平等に分けなかったことによって仲が良かった兄弟でもギスギスした関係になりやすいことから、トラブルを避けたい方におすすめの分割方法です。

 

換価分割における相続税は相続開始時点での評価額で計算されるため、実際の売却時に高く売れた場合でも、相続税が高くなる心配もいりません。

 

換価分割では思い出の詰まった不動産を売却することになり、相続人全員の了承がないとできませんが、すっきりと分けてしましたい場合に検討してみると良いでしょう。

 

まとめ


不動産を分割して相続する場合はトラブルが起きやすく、元々良かった兄弟関係が崩れてしまうケースもあります。

 

相続人全員が納得できる相続ができるよう、4種類の方法から最適な分割方法を選びましょう。


プログレコ株式会社では、東大阪市の不動産情報を多数ご紹介しています。

 

不動産相続に関するご相談も受け付けておりますので、お気軽に当社までお問い合わせください。

≪ 前へ|不動産を相続するときのために知っておきたい底地を整理するには   記事一覧   住吉神社初辰参りに行ってきました!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る