東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を相続するときのために知っておきたい底地を整理するには

不動産を相続するときのために知っておきたい底地を整理するには

≪ 前へ|不動産の相続放棄が増えている現状を考える:早めの話し合いで解決を   記事一覧   不動産相続を分割で行う方法を解説!残すか売却するかを見極めよう|次へ ≫
カテゴリ:<相続知っ得!>

相続などによって、思いがけず不動産を手に入れることもあるでしょう。

 

そんなとき、通常の土地や建物なら一般的な知識でなんとかなるものですが、相続するのが「底地」だったらわからないということも多いことでしょう。

 

今回は、あまり耳慣れない不動産用語、底地とは何かという素朴な疑問をはじめ、底地を実際に整理する方法をピックアップしてご紹介します。


相続した底地を整理するには?そもそも底地とはどんなもの?

 

相続した底地を整理するには?そもそも底地とはどんなもの?

 

「底地」とは、借地権のついた宅地の所有権のことです。

 

「借地権のついた底部分の土地」という意味合いから、底地という用語が使われています。

 

底地を相続した人は、通常の更地のように自由に使ったり転売したりできないので注意が必要です。

 

更地を完全所有権、底地を不完全所有権と呼ばれているのも、そうした制約があるためです。

 

また、底地の価格は、一般的な更地の時価から借地権価格を差し引いた金額で求められ、一般的な更地より低くなるといわれています。

 

相続した底地を整理するには?さまざまな方法を分かりやすくご紹介

 

では、底地を相続して整理するには、どんな方法があるでしょうか?

 

以下にその方法を挙げてみましょう。

 

<借地人に売却する>

 

まずは、借地権をもった借地人に購入してもらう方法です。

 

そうすることで借地人は、建物を建て替えたり土地を売却したりできるようになります。

 

<借地権を買い取る>

 

こちらは、前に説明した方法とは逆に、借地人から借地権を売却してもらう方法です。

 

この場合、それまで借地の上にあった建物を取り壊してもらうほか、借地権と一緒に買い取る方法もあります。

 

<借地人と協力して更地にして第三者に売却する>

 

続いて、底地の所有者と借地人が協力して土地を更地にし、第三者に売る方法です。

 

これは底地の所有者も借地人も土地を必要としない場合に有効です。

 

どちらも売却益を得られることがポイントになります。

 

<借地権と底地の一部を交換する>

 

これは、底地の半分を借地人に売り、逆に借地の半分を返してもらう方法です。

 

底地権と借地権の権利割合によって土地を分割することで、底地の所有者と借地人がそれぞれ単独で土地を所有することになります。

 

まとめ

 

大正10年、もともと立場の弱かった土地の借主を守るために借地法が制定されました。

 

現在では、その借地法に守られる借地人が様々な権利を持つことから、底地を相続しても自由に売れないなど、相続人が抱えるトラブルも多いようです。

 

もしも底地を相続することになったら、今回ご紹介した整理方法を参考にしてみてはいかがでしょうか?


プログレコ株式会社では、東大阪市の不動産情報を多数ご紹介しています。

 

東大阪市でマイホームの購入をご検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

≪ 前へ|不動産の相続放棄が増えている現状を考える:早めの話し合いで解決を   記事一覧   不動産相続を分割で行う方法を解説!残すか売却するかを見極めよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る