東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 相続した実家の早期売却をすすめる理由とは

相続した実家の早期売却をすすめる理由とは

≪ 前へ|年末・年始休暇のお知らせ   記事一覧   知らないと損!?不動産相続した土地の名義変更をしないデメリットとは|次へ ≫
カテゴリ:<相続知っ得!>

実家に住むご家族が急逝された場合、その実家の処分をどうしようかと考えなければいけない方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、相続した実家の早期売却をすすめる理由と、できれば相続前に売却を決めるほうが良いという理由をまとめてみました。

 

実家を相続したら早期売却をすすめる理由


実家相続


実家を相続した場合、不動産を保有する人は、毎年固定資産税を支払わなければなりません。

 

相続した実家に誰も住まないのなら、住んでもいない家に対して固定資産税を毎年支払うのは無駄でしかありません。

 

また、実家が遠方で管理ができなければ、老朽化が進んで倒壊の危険性もあり、結果として工作物責任を問われる可能性や、特定空き家として認められれば課税額が増える可能性、また、空き家が犯罪などに利用される可能性もあり大変危険です。

 

さらに、不動産の価値などを考えた際に売却益が見込めるのであれば、価値があるうちに売却をしてしまったほうがよいでしょう。

 

現在、要件を満たした場合に譲渡所得の特別控除の特例を受けること(空き家特例)で、売却益が出たとしても非課税(譲渡所得から最大3,000万円控除)となる可能性があるため、積極的に売却の検討をすべきでしょう。

 

相続前に売却を決めるほうが良い理由


続いて、相続前に売却を決めるほうが良い理由です。

 

遠方の実家を相続する場合に特に問題となるのは、遺産の分割協議についてです。

 

例えば、遺産が実家の不動産のみだったとしましょう。

 

もし相続人が複数いた場合には、この不動産を相続することで、持分がそれぞれ異なる共有の不動産として扱われることになります。

 

共有不動産については、各持分に応じて単独でできることと共有者と一緒でなければ行えないことがあり、単純に面倒なのです。

 

また、共有人の住まいが各地に点在していれば、何かの承諾を得ることにも一苦労ですし、さらに相続人の高齢化が進めば、全員で集まって話し合いに参加することも困難になってくるでしょう。

 

被相続人の子供たちの仲が良ければ、その世代で共有している限りは揉め事も起きづらいかもしれませんが、さらに相続が行われ、次の子供の代になったときに、必ずしも共有不動産を円滑に扱うことができる保証がありません。

 

このように、揉め事を後の世代に残さないようにするためにも、相続前の売却がおすすめと言えるのです。

 

まとめ


相続をした実家に関しては、生まれ育った家ということで思い入れもあるかと思いますが、節税のためにも管理の手間を考えても、早めに売却をすべきといえるでしょう。

 

できれば、共有不動産として扱わなければいけなくなる前に遺産分割がしやすいように売却をしておき、後代に揉め事を残さないようにすることも検討すべきでしょう。

 

東大阪市で不動産売却をご検討の方は、私たちプログレコ株式会社にお任せください。

 

ぜひ、お気軽にお問い合わくださいませ。

≪ 前へ|年末・年始休暇のお知らせ   記事一覧   知らないと損!?不動産相続した土地の名義変更をしないデメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る