東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続に影響がある抵当権とはどんなもの?

不動産相続に影響がある抵当権とはどんなもの?

≪ 前へ|遺言書の法律が改定!相続に備えて自筆証書遺言その他の遺言を残しておこう!   記事一覧   受取人や税金が違う?遺贈と相続の違いについて詳細に解説!|次へ ≫
カテゴリ:<相続知っ得!>

土地や建物など不動産を相続する場合、個人で売買するときとは異なる注意事項があります。

 

そのひとつが「抵当権」です。

 

抵当権について正しく把握しておく必要があります。

 

抵当権が付いている不動産を相続する際に注意すべき点と、トラブル対策をまとめました。


抵当権


 

抵当権とは?不動産相続に与える影響を解説


<抵当権とは>

抵当権とは、お金の貸し借りの際に不動産に対して設定される権利です。

 

主に金融機関が住宅ローンなどでお金を貸す場合に設定します。

 

親が借りたお金のために抵当権が設定されていても、関係ないのではないかと思われるかもしれません。

 

しかし、相続とは、亡くなった人の権利・義務一切を引き継ぐことなので、親が借金をしていたら、返済義務(債務)も引き継ぎます。

 

そして、相続した人がその借金を返済できなければ、お金を貸した銀行は、抵当権を実行(競売に進むこと)することになります。

 

抵当権者である銀行は、不動産を競売して、その競売代金を所有者の借入金弁済に充てることになるのです。

 

<相続への影響>

不動産に抵当権が付いているということは、債務も引き継ぐ可能性が高いため、遺産相続の際にトラブルになることがあります。

 

抵当権は原則として不動産の登記簿謄本に記載されているので、相続する予定の不動産がある場合は事前に確認しておくとよいでしょう。

 

遺産相続するとき抵当権付き不動産はどうすべき?

 

相続対象となった不動産に、抵当権が付いていたらどうしますか?

 

把握しておく必要があるのは、債務についてです。

 

ご説明した通り、抵当権がある場合、通常、債務も同時に残っています。

 

債務(借金)も相続の対象になるため、法定相続分の割合に応じて、相続人は各自債務も相続することになります。

 

被相続人以外の「第三者の債務」に対して抵当権が付いている場合、その債務は相続の対象外ですが、その第三者が弁済しないと抵当権は存続してしまいます。

 

では、抵当権が付いていることは、相続にどんな影響を与えるのでしょうか。

 

遺産の総額が債務を弁済するのに充分な場合は、債務を弁済し、抵当権を抹消することができます。

 

残された債務総額が遺産全体より多いケースでは、相続をすることで損をしてしまうので、相続放棄も検討する必要があります。

 

遺産として残されたのが、抵当権付きの不動産のみのケースもあるでしょう。

 

どうするのが適切かは状況によって異なります。

 

債務額以上に不動産の価格が高い場合は、売却して債務を弁済することが可能です。

 

問題は、債務額がその不動産の価格以上にある場合です。

 

このような場合、別途、売却代金では足りない額を用意しておくことになります。

 

まとめ


不動産に関係する専門用語は、馴染みが薄いものも多いと思います。

 

しかし、相続などいざというとき、知識がないと大きな損をしてしまう場合があります。

 

早めに情報を整理し、どうするかを相続人で相談しておくとよいでしょう。


プログレコ株式会社では、東大阪市の不動産情報を多数ご紹介しています。

 

不動産相続に関するご相談も受け付けておりますので、お気軽に当社までお問い合わせください。

≪ 前へ|遺言書の法律が改定!相続に備えて自筆証書遺言その他の遺言を残しておこう!   記事一覧   受取人や税金が違う?遺贈と相続の違いについて詳細に解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る