東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 遺言書の法律が改定!相続に備えて自筆証書遺言その他の遺言を残しておこう!

遺言書の法律が改定!相続に備えて自筆証書遺言その他の遺言を残しておこう!

≪ 前へ|ジュネス高井田「2 D K タイプ」賃貸情報更新しました!   記事一覧   不動産相続に影響がある抵当権とはどんなもの?|次へ ≫
カテゴリ:<相続知っ得!>

親世代からの不動産の相続を考えている方にとって、遺言書は一筋の光となることでしょう。

 

ただ、この遺言書は法律が定める方式に従って書く必要があり、方式違背により無効にならないように注意しなくてはなりません。

 

どのような遺言書が有効であり、また、法律の改定によって遺言書の何が変わったのかご紹介いたします。

 

相続はデリケートな問題ではありますが、その時に困らないように知っておくことが大切です。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

相続に備える遺言書は自筆だけ?法律の改定によってどう変わったの?


相続に備えて自筆証書遺言


遺言書と一言で言っても、実は自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。

 

遺言者によって自筆で書かれる自筆証書遺言や、公証人の面前で話したことを公証人が書面化する公正証書遺言。

 

それに、遺言者の遺言の内容を秘密にしておくことができる秘密証書遺言です。

 

この3つが法的に認められている遺言書になります。

 

それに、調べてみると遺言書の書き方についてもたくさんの情報があります。

 

被相続人が自分の財産の相続について遺言書を作っておいても、それが法律上有効と認められなければ意味がありません。

 

有効な遺言書を残しておくためには、正しい知識が必要になってきます。

 

3種類の遺言書のうち、自筆証書遺言であれば、ご存じの方も多いと思います。

 

自筆証書遺言は、その名の通り本人の自筆であることが前提になっています。

 

ただ、今回の法改定により、限定的ながらも、wordなどの文章作成ソフトやコピーなどでの作成も認められる場合がでてきました。

 

相続に備えて法律の改定で認められた文章作成ソフトによる遺言書を残そう

 

自筆証書遺言は、自筆が求められる遺言ですから、法改定によっても、自筆証書の文面は自書が求められることに注意してください。

 

ただし、自筆証書遺言においては、相続する財産の目録に限り、法律の改定により自筆でない文章作成ソフトやコピーによる作成も可能になりました。

 

目録の部分を文章作成ソフトやコピーで作成することによって、書き写しの間違いを未然に防ぐことができ、後々のトラブルを回避することができます。

 

目録を文章作成ソフトで作成した場合は、すべてのページに署名押印が必要です。

 

 

上記は、あくまでも財産の目録に限ってのことですので、遺言書の文面は改定後も自筆で書く必要があることにご注意ください。

 

また改定によって、作った遺言書は法務局で保管することが可能となりました。

 

このことによって親族が遺言書を探すということが減り、財産分与について公平感も増すのではないでしょうか。

 

いざという時のために、遺言書を法務局で保管してもらえるということを覚えておくといいでしょう。

 

まとめ


法改定によって、財産目録につき文章作成ソフトやコピーでの記載が可能になったり、法務局での保管が可能になったりと、自筆証書遺言の便利な面が増えました。

 

相続する不動産の利用を考えている方は、これらを利用して気持ちの良い相続になるといいですね。


東大阪市で不動産売却をご検討の方は、私たちプログレコ株式会社にお任せください。

 

ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|ジュネス高井田「2 D K タイプ」賃貸情報更新しました!   記事一覧   不動産相続に影響がある抵当権とはどんなもの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る