東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 夫婦間での居住用不動産の贈与は優遇される?不動産相続時の疑問を解決!

夫婦間での居住用不動産の贈与は優遇される?不動産相続時の疑問を解決!

≪ 前へ|椿大神社へ参拝してきました。   記事一覧   松本マラソンに参加しました!|次へ ≫
カテゴリ:<相続知っ得!>

ご夫婦で居住用の不動産をお持ちの方で、居住用不動産の贈与についてよく理解していないという方も多いのではないでしょうか。

 

配偶者が贈与の際に優遇されるのかどうなのか、気になる方もいらっしゃるでしょう。

 

実は、2019年7月1日から新しい制度が施行され、婚姻期間20年を超える夫婦間での居住用不動産の贈与に優遇措置が取られるようになりました。

 

これによるメリットと条件について、この記事でご紹介させていただきます。


不動産相続:夫婦間で居住用不動産を贈与するメリットは?


夫婦間での居住用不動産の贈与は優遇される?不動産相続時の疑問を解決!


夫婦間で居住用不動産を贈与した場合のメリットは、やはり配偶者の取り分が増えることです。

 

新制度によって、配偶者は自宅での居住を継続しながら、配偶者のその他の財産も取得できるようになりました。

 

従来の制度ですと、居住用不動産を贈られたとしても、その分は遺産の先渡しをされたこととみなされていたため、結果として遺産分割時には他の相続人の取り分と大幅に変わることはありませんでした。

 

その点を考えると、公平な制度であったかどうかは正直疑問が残りますね。

 

しかし、新制度になってからは、財産贈与が優遇されるようになったため、色々な面で負担も軽くなったことでしょう。

 

このように、新制度が適用されてから、夫婦間での財産贈与がしやすくなっていると言えます。

 

夫婦間で居住用不動産を贈与する際に優遇が適用される条件とは?

 

ここからは居住用不動産を贈与する際に受けられる控除や、優遇されるための条件についてご紹介します。

 

贈与の際に受けられる控除には以下のものがあります。

 

<控除> 

・110万円の基礎控除

・最高2,000万円までの配偶者控除

 

これによって、配偶者は税の負担が減るメリットがあります。

 

また、各種控除を受けるには条件が3つあるので、以下でご紹介させていただきます。

 

〈条件〉 

・夫婦の婚姻期間が20年を超えてから贈与が行われている。

・種別は、居住用財産またはそれを取得するための金銭である。

・贈与を受けた年の翌年3月15日時点で、配偶者がその物件に住んでおり、その先も住み続ける。

 

これらの条件が揃っていて、初めて適用されます。

 

住むための住宅にかかる控除のため、もちろんそれ以外の用途の物件には適用されないことを覚えておきましょう。

 

なお、同じ配偶者にかかる配偶者控除は一生に一度しか適用されません。


まとめ

 

なじみもなく、考えたくない話かもしれませんが、一般的に、夫婦のどちらかが先に亡くなっても、残された方は引き続き現在の家に住み続けることになります。

 

その際に、配偶者に財産を贈与しておくと、遺産分割や税金の節税面で有利になることを覚えておいていていただきたいと思います。


プログレコ株式会社では、東大阪市の不動産情報を多数ご紹介しています。

 

不動産に関してのご相談も受け付けておりますので、ぜひ当社までお問い合わせください。

≪ 前へ|椿大神社へ参拝してきました。   記事一覧   松本マラソンに参加しました!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る