東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 老後に銀行からリバースモゲージローンを借りる場合と不動産売却をする場合の違い

老後に銀行からリバースモゲージローンを借りる場合と不動産売却をする場合の違い

≪ 前へ|東大阪市の地価が上昇中ってホント?売却検討中の方は要チェック!   記事一覧   不動産の相続登記に必要な書類とは?法定相続分についてもご紹介します|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

老後に銀行からリバースモゲージローンを借りる場合と不動産売却をする場合の違い

 

老後の不動産保有の新しい形である、リバースモゲージ。

 

老後の生活資金などが心配な高齢者にとって、心強い味方となっています。

 

今回は、そんなリバースモゲージと不動産売却の違いについてご説明したいと思います。

 

老後に銀行からリバースモゲージローンを借りる場合と不動産売却をする場合の違い:リバースモゲージとは


不動産売却


まず、リバースモゲージについてですが、不動産を担保にして融資をしてもらう不動産担保ローンとは似て非なるもので、その利用対象者は高齢者となっています。

 

一般的には、高齢になって生活資金が足りない、老人ホームに入りたい、老後夫婦で住むのに十分な規模の家に住み替えをしたいとなった場合には、不動産売却をすることを検討します。

 

しかし、このリバースモゲージを利用することで、高齢者の場合には、自宅を手放さずに、不動産を担保として銀行から資してもらうことができます。

 

ごく普通の不動産担保ローンと違うのは、融資の条件の1つとして、契約者の死後に物件を売却するという点です。

 

さらに、毎月の支払いについては、ローンの利息部分のみとなります。

 

つまり、高齢者でありながら銀行から融資を受けることができ、毎月のローン返済金額はごくわずかである代わりに、契約者の死後に担保不動産を売却することで元本部分や残りのローンを充当する条件を設けるのが、リバースモゲージの特徴です。

 

老後に銀行からリバースモゲージローンを借りる場合と不動産売却をする場合の違い:不動産売却との違い


リバースモゲージと不動産売却との違いは、自宅を手放すことなく住み替えが可能であり、さらには自宅へ戻ることもできるという点です。

 

例えば、家族用の一戸建ではなく老後に夫婦で住めるような小さな家に住み替えたいが、その資金が無いという場合、リバースモゲージという手段を取ったとします。

 

その後、住み替えたもののやはり、自宅に戻って臨終を迎えたいということになった場合、不動産を売却したわけではないので、自宅に戻ることが可能なのです。

 

他にも、高層マンションから閑静な住宅地の平屋に住み替えたいということであれば、リバースモゲージで銀行から融資してもらった資金で住宅を買い、高層マンションは賃貸運用をすることで、生活資金を賄いながらの住み替えが可能となります。

 

このように、老後の住み替えに対して、効力を発揮するのがリバースモゲージなのです。

 

まとめ


以上、リバースモゲージローンと不動産売却との違いをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

自宅を所有しているものの、住み替えをしたい、しかし自宅を売りたくはないという高齢者の味方ともいえるリバースモゲージローン。

 

不動産担保ローンとも不動産売却とも違う新しい形として、今後、より一層普及していくことが予想されています。

 

東大阪市で不動産売却をご検討の方は、私たちプログレコ株式会社にお任せください。

 

ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|東大阪市の地価が上昇中ってホント?売却検討中の方は要チェック!   記事一覧   不動産の相続登記に必要な書類とは?法定相続分についてもご紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る