東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 親が認知症になる前に!家の相続のことを検討しておこう!

親が認知症になる前に!家の相続のことを検討しておこう!

≪ 前へ|「まちライブラリー」もある!東大阪市にできる文化創造館をご紹介!    記事一覧   配偶者贈与制度を利用した住み替えが相続対策になる!?|次へ ≫
カテゴリ:<相続知っ得!>

現代日本は超高齢化社会と言われていますが、高齢者が増えると同時に認知症の有病者数も増えています。


2025年には全高齢者の約5人に1人が認知症患者と言われるようになるほどです。


同時に相続や資産の処分についてあらかじめ考えることも重要と言われていて、特に家の売却についても検討しなくてはなりません。


ここでは認知症と相続、そして実家の売却などあらかじめ対策することについてお話します。


親が認知症になった時の相続対策をあらかじめやっておくメリット


親


親が認知症になるといくつか、出来なくなることがあります。


例えば金融機関は本人が認知症であると知ると、トラブルなどを避けるために口座を凍結することがあり、生活費や介護の費用が下ろせなくなります。


また、実家を売却したくても売主が認知症の親だと、契約が成立せず、実家の売却ができなくなります。


その他にも介護の負担や相続など揉める要素が増えるので、認知症になる前にこれらの対策ができることは最大のメリットとなるでしょう。


認知症になる前に介護のことや生活費のこと、実家の売却や相続、贈与など事前に決められることは沢山あります。


これらも含めて「終活」という言葉ができるほど、その対策には注目が集まっています。


親が認知症になる前に相続対策や実家の売却をしておこう


親が認知症になると財産や資産が実質凍結されてしまいます。


それに対して認知症発症後に家族から申請することで、資産を管理するために裁判所から法定後見人を選出してもらうことができます。


法定後見人は「本人の利益のために本人の財産を守ること」を目的として、財産の管理や、本人に代わってお金を引き出すことや、契約することができます。


もし、介護のための資金で実家を売却しようとした場合、法定後見人にお願いをするのですが、売らせてもらえないこともあるのです。


また、法定後見人の了解を得ても売却のためには裁判所の許可を取らなければならず、その許可が下りないこともあります。


ですから、認知症になる前に処分が必要な不動産があるのであれば、財産が法定後見人の管理になる前に早めに売却の目処を付けておきましょう。


まとめ


親が認知症になってからの相続や財産の処分には多くの障害があり、それぞれの処理が非常に難解になります。


なので、事前に相続の手続きや、不動産の売却などの手続きをしておきましょう。


特に実家の売却は認知症発症前に手続きをしておくと何かと安心ですね。


とは言え、そもそも対策を考えることが難しいもの。


頼りになる専門家に事前に相談をしておくとともに、実家の相続や売却についてお困りの方は、当社までぜひご相談ください。


東大阪市で不動産売却をご検討の方は、私たちプログレコ株式会社にお任せください。

 

ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。


≪ 前へ|「まちライブラリー」もある!東大阪市にできる文化創造館をご紹介!    記事一覧   配偶者贈与制度を利用した住み替えが相続対策になる!?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る