東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時の保険解約手続きの流れ!返金など注意点も解説

不動産売却時の保険解約手続きの流れ!返金など注意点も解説

≪ 前へ|住宅ローン借入前に要チェック!金利の種類とメリット・デメリット   記事一覧   東大阪市の子育てアプリが便利!「すくすくトライ」とは |次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

不動産売却時には自分で保険の解約手続きをしなくてはなりません。

 

今回は、返金がある場合の手続きや注意点などについて詳しく解説します。


不動産売却に伴う保険の変更をする人


不動産売却で保険の解約手続きをする際の流れ


不動産売却時には、家にかけている火災保険や地震保険を解約しておきましょう。

 

これらの保険は契約者の一存で解約ができます。

 

では早速、各種保険の解約手続きの流れについて見てみましょう。

 

まず、家にかけている保険は家を売却する前に解約してしまうと万が一のトラブルがあった際に対応できないため、新しい家に引越しをしてから解約しましょう。

 

引越しがすべて完了したら契約している保険の代理店や保険会社のコールセンターへ電話し、解約する旨を伝えます。

 

そこで、戻ってくるお金があるか確認し、あれば返金手続きを踏みます。

 

注意点として、解約の手続きの書類が新しい家に届くようにしておきましょう。

 

続いて、返金還付手続きをします。

 

新しい家に、保険の解約と返金還付の旨が記された書類が届いたら、必要事項を記入して保険会社へ郵送しましょう。

 

詳しい手続きは、契約している保険会社のガイダンスに従ってください。

 

この返送手続きをしないとお金が戻ってこないため、忘れずに行いましょう。


不動産売却時に保険を解約すると返ってくるお金


不動産売却の際に戻ってくるお金は2種類で、前述の家にかけている保険の解約時に戻ってくる解約返金以外にもあります。

 

売却する家を住宅ローンで購入していた場合には、繰り上げ返済した際に返ってくるお金があります。

 

住宅ローン組む際に、金融機関は保証会社の保証を融資の条件にしているケースが多くあります。

 

保証会社の保証とは、保証人の代わりのようなもので保証を受ける際、保証会社に住宅ローンの返済期間に合った保証料を支払います。

 

このとき、保険料を一括で前払いしている場合には、家の売却時に住宅ローンを繰り上げ返済すれば保証料が返ってきます。

 

しかし、毎月住宅ローンの返済額に保証料を上乗せして支払っていた場合には、当然ですが返ってくるお金はないため注意が必要です。

 

保証料の返金がある場合には、通常自動で手続きがなされます。

 

住宅ローンを繰り上げ返済したい旨を金融機関に伝え、保証会社への手続きは金融機関が行います。

 

自分で保証会社へ問い合わせなくても自動的に返金されますが、気になる場合には住宅ローンの繰り上げ返済時に金融機関に保証料の返金について聞いてみましょう。


まとめ


不動産売却時に、保険料を解約し返金がある場合にはその手続きも忘れずに行っておきましょう。

 

また、住宅ローンを繰り上げ返済する場合には保証料が返ってくる場合もあります。


東大阪市で不動産売却時の保険の事など、不動産の事でお困りでしたら、お気軽にプログレコ株式会社までお問い合わせください。

≪ 前へ|住宅ローン借入前に要チェック!金利の種類とメリット・デメリット   記事一覧   東大阪市の子育てアプリが便利!「すくすくトライ」とは |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る