東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 転勤で家は「売る」べきか「貸す」べきか?どっちを選ぶのが良い?

転勤で家は「売る」べきか「貸す」べきか?どっちを選ぶのが良い?

≪ 前へ|東大阪市のドリーム21はどんな施設?プラネタリウムを楽しもう   記事一覧   ワールドカップ開催で賑わう東大阪市!なぜ「ラグビーのまち」なの?|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

転勤で自宅を離れる際に、家は売るのと貸すのではどっちを選ぶべきでしょうか。

 

今回はそれぞれのメリット・デメリットを解説するので、ぜひ参考にしてください。


転勤で家は売るべきか貸すべきか?売る場合のメリット・デメリット


転勤で自宅を売るか貸すか悩む人


転勤で自宅を離れるとき、家は売る方法と貸す方法のどっちを選択すべきでしょうか。

 

まず家を売る場合の大きなメリットとして挙げられるのが、家の売却代金を得られる点です。

 

ある程度、まとまった代金が入るため、転勤後の新居を建てる費用や借りる費用に充てられます。

 

また生活費やお子さんの学費、保険といった支出にも充てられるため、まとまった代金が得られるのは大きなメリットと言えます。

 

次に転勤する際に家を売ると、家の資産価値が下落するリスクを回避できます。

 

家は築年数が経つと資産価値が落ちる場合が多いため、家の資産価値がなるべく高い時点で売るとそれだけ得も多くなるのです。

 

加えて、家を売るメリットには、不動産を所有しているとかかる維持管理費用や手間が不要になる点も挙げられます。

 

一方家を売るデメリットには、大きな資産を失う点が挙げられます。

 

当然ですが、家を売る場合には上物と土地の両方を手放すことになるため、大きな実物資産を失うことを理解しておきましょう。

 

続いて挙げられるデメリットは、住宅ローンの残債が多いと売却益で相殺できず、自己資金での充当が必要になる点です。

 

お金を出して家を売ることになるため、この場合大きなデメリットと言えます。

 

また、家の地価が上昇傾向にあるタイミングで売ると損をする可能性があります。

 

転勤で家は売るべきか貸すべきか?貸す場合のメリット・デメリット


転勤で自宅を離れる際、家を貸す場合のメリットには家を資産として持ち続けられる点が挙げられます。

 

次に、家を貸すと継続的に家賃収入を得られます。

 

月々まとまった家賃収入が得られるのは、家計の足しにもなり大きなメリットです。

 

住宅ローンを完済している場合には、家を担保として融資が受けられます。

 

一方、デメリットには家の維持管理費用と手間がかかってしまう点が挙げられます。

 

また家を貸す場合、必ずしもコンスタントに入居者が現れるわけではないため、空室になった際に家賃収入を得られません。

 

このように転勤の際に家を売る場合と貸す場合では、どっちにもメリット・デメリットがあります。

 

家を売る場合には、早めに不動産会社へ相談しましょう。


まとめ


転勤の際に家を売る場合と貸す場合では、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

どっちが良いのか冷静に見極めて、売る場合には早めに不動産会社へ相談してみましょう。

 

東大阪市に住んでいて、転勤が決まったあとのマイホームの事でなにかお困りでしたら、お気軽にプログレコ株式会社までご相談ください。
≪ 前へ|東大阪市のドリーム21はどんな施設?プラネタリウムを楽しもう   記事一覧   ワールドカップ開催で賑わう東大阪市!なぜ「ラグビーのまち」なの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る