東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > ペット可マンションを売りたい!スムーズに取引するための売却戦略とは?

ペット可マンションを売りたい!スムーズに取引するための売却戦略とは?

≪ 前へ|親名義の不動産を売却したら賢く振り込んで節税対策をしよう!   記事一覧   東大阪市に都市型スーパーが新オープン!「KINSHO Pochette」をご紹介|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

ペット可マンションは、ペットを飼っていなかったマンションと比べると、ニオイや傷などが残りやすく、それが売却に影響しやすい点がネックです。

 

傷やニオイなど、動物との生活の痕跡はどうしても隠し切れないものですが、ちょっとした工夫でマンションは売りやすくなります。

 

今回は、ペット可マンションを売却する際のポイントをご紹介します。


ペット可マンションの売却ポイント①徹底した掃除でアレルギー対策を行う


売却前にペット可マンションの掃除をする人


ペット可マンションの売却ポイントの1つ目は、内覧時にいかに気持ちよく見学してもらうか、という点です。

 

購入希望者に良い印象をもってもらうために、内覧前の掃除は必須ですが、その際は通常の掃除だけでなく、いつもよりきめ細やかな掃除を心がけましょう。

 

動物を飼っていると、ノミなどのアレルゲンが室内に多くなり、空気中の浮遊量も増えてしまうので、掃除の際には少しでも埃が舞わないように注意しましょう。

 

「乾拭き→掃除機→濡れ拭き」の順番が、埃を最小限に抑える掃除法ですよ。


ペット可マンションの売却法②ニオイをできる限り除去する


ペット可マンションの2つ目の売却ポイントは、ニオイをできる限り取り除くことです。

 

元々住んでいる方は鼻が慣れてしまっているため、部屋に染みついた動物のニオイに意外と気がつかないですが、慣れていない人からするとインパクトが強いです。

 

意外かもしれませんが、購入者にとって、ニオイは物件選びや価格交渉の大きなポイントとなります。

 

換気はもちろん、ニオイの染みついた布製品の処分や壁紙の張替えをして、入念なニオイ対策で売却戦略を進めましょう。


ペット可マンションの売却ポイント③ペットを飼っている買手をターゲットにする


ペット可マンションを売却する最後の戦略法は、買手のターゲットを動物飼育者に絞ることです。

 

動物が好きな方なら、一般の方には不快な点が気にならないかもしれません。

 

もとより、動物との暮らしを好む方はペットの飼育OKの物件を探しているので、成約率が高まります。

 

ペットを飼っていないユーザーを逃すので、その分見込み客が減るのではと心配になるかもしれませんが、興味をもっている方へアピールする方がずっと効果的です。

 

大々的に動物を飼えることを打ち出して、ペットを理由にした価格交渉に巻き込まれないようにしましょう。


まとめ


ペット可のマンションでも、ちょっとした戦略で希望の売却価格に近付けます。

 

信頼のおける仲介業者を見つけて、マンション売却をうまく成功させてくださいね!

 

プログレコ株式会社では、東大阪市の不動産売却に関するご相談を承っております。

 

ペット可マンションの売却のご相談も受け付けておりますので、ぜひお問い合わせください
≪ 前へ|親名義の不動産を売却したら賢く振り込んで節税対策をしよう!   記事一覧   東大阪市に都市型スーパーが新オープン!「KINSHO Pochette」をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る