東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 知っておきたい!所有権と借地権の違いと土地の権利の種類

知っておきたい!所有権と借地権の違いと土地の権利の種類

≪ 前へ|東大阪のイベント紹介!ファミリー向け|親子|子供連れ向き   記事一覧   不動産購入時に仲介業者を利用することで省ける手間とは?|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

土地の権利は所有権と借地権があり、種類によって権利の内容が異なります。

 

土地を売却する場合、売却後のトラブルを防止するため、売却を希望する土地の権利を把握する必要があります。

 

今回は、土地の権利の特徴と違いをご紹介します。


土地の権利の種類① 所有権と借地権の特徴


土地 所有権借地権の違い


 所有権の特徴

 

所有権は、物を自由に処分できる権利で、憲法をはじめ多くの法律で強く保障されています。

 

住宅が建っている土地や更地を購入して、所有権登記をした場合、土地の所有権を得たことになります。

 

所有権を持つ土地は基本的に自由に使用して良いので、他人に売ったり貸したりすることができます。

 

借地権の特徴

 

借地権は、土地の所有者と借地契約を結び、借りた土地に住宅を建てられる権利です。

 

所有権に比べると弱く、契約期限が終了した後は、所有権を持つ土地の所有者に土地を返還する必要があります。

 

また定期借地権を設定した場合、土地の所有者に契約の更新を求めたり、建物の買い取りを求めたりできません。


土地の権利の種類② 所有権と借地権の違い


所有権と借地権は、土地を使用する権利という点で共通していますが、所有権に比べると借地権は弱い権利だと言えるでしょう。

 

土地に建物を建てることはできますが、他人に土地を売却することはできませんし、土地の所有者に毎月地代を支払う必要もあります。

 

ただ、借地権は土地を借りているだけで所有しているわけではないため、固定資産税・都市計画税の負担はありません。


土地の権利の種類③ 借地権の種類


借地法に則り土地を借りた

 

19928月より前は、借地法に沿って借地権が設定されており、建物の構造に応じて30年~60年の借地契約を結ぶことができました。

 

契約期限はありましたが、何度でも更新できるので、半永久的に借りることができました。

 

借地借家法に則り土地を借りた

 

19928月に、借地借家法が制定され、土地の使用用途などに応じて賃借権が5種類に細分化されました。

 

契約を更新できる普通借地権の他、契約を更新できない定期借地権や、土地の所有者が建物を買い取る建物譲渡特約付借地権などがあります。


まとめ


以上、土地の権利の種類と特徴をご紹介しました。

 

土地の売却を希望する場合、土地に対する権利が所有権なのか、借地権なのかを事前に確認する必要があります。

 

法務局で登記事項証明書を取得すると、土地の所有者が記載されているので、念のため確認すると良いでしょう。

 

東大阪市で土地売却を検討しているなら、プログレコ株式会社まで、お気軽にご相談ください。

≪ 前へ|東大阪のイベント紹介!ファミリー向け|親子|子供連れ向き   記事一覧   不動産購入時に仲介業者を利用することで省ける手間とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る