東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 大阪モノレール延伸で東大阪市がもっと利便性豊かに!

大阪モノレール延伸で東大阪市がもっと利便性豊かに!

≪ 前へ|東大阪市にある花園中央公園の規模や遊具と施設について   記事一覧   ペット可マンションでの近隣トラブルを防ぐためのマナーとは?|次へ ≫
カテゴリ:<エリア情報知っ得!>

大阪空港までのアクセスなど府民の足として日々利用される大阪モノレールが、20193月国土交通省より延伸計画の認可を受ける事ができました。

 

2018年に現在の門真市駅より先に延伸する計画を申請しており、この認可が下りた事で南に8.9㎞の延伸計画が着手され、早ければ2029年度の完成を予定しています。

 

大阪モノレールの延伸によってこれまで以上にアクセスが良くなり、地元府民や観光客がより利便性が豊かになるのではないか、と言われています。


大阪モノレールを東大阪市まで延伸


大阪モノレールが東大阪市まで延伸になる


大阪モノレールによると、延線されるのは門真市駅から門真南駅、鴻池新田駅、荒本駅、瓜生堂駅(いずれも仮称)までの4駅で、大阪市を南に向かって延伸されます。

 

総事業費は1,026億円で、内740億円は支柱・駅などを大阪府が整備、286億円は車両・通信システム・信号・駅務機器を大阪交通鉄道が担当する大がかりな工事が行われます。


大阪モノレール延伸で利便性アップ


大阪モノレールの延伸区間である4駅からは、いずれも近隣にある電鉄と接続する予定となっており、乗り換えによって周辺アクセスがより便利になります。

 

門真南駅(仮称)は地下鉄鶴見緑地線、鴻池新田駅(仮称)はJR学研都市線、荒本駅(仮称)は近鉄けいはんな線、瓜生堂駅(仮称)は近鉄奈良線へ接続し、近隣へのアクセスや周辺住民がより楽に移動ができるようになります。

 

延伸区間では1日平均37,000人の需要があると見込まれ、延伸によって通勤や通学経路が増えてより快適に移動ができるようになるでしょう。

 

また大阪モノレールは大阪国際空港(伊丹空港)と直結しているので、今回の延伸で東大阪市から空港へ1本で行けるようになり、大きな荷物を抱えながら乗り換えを行わずに、楽に空港へ向かう事ができるようになります。


大阪モノレールの更なる延伸計画


大阪モノレールでは今回の延伸の先にさらなる延伸計画も立てられており、瓜生堂駅(仮称)から南海堺駅まで22㎞を延伸する計画が立てられています。

 

延伸地域は堺市、八尾市、松原市の3市にまで広がり、2017年に大阪府に対して要望書が提出されました。

 

2029年度のモノレール延線後に約10年の月日がかかる予定となりますが、これが完成すれば大阪モノレールの総全長が50㎞まで達し、さらなる利便性アップに繋がります。


まとめ


東大阪市は大阪モノレールの延伸で、2029年度にはさらに利便性豊かな地域になります。

 

空港へのアクセスや近隣への移動がより便利になり、さらなる延伸計画が実現すればより暮らしやすい街になるでしょう。

 

私たちプログレコ株式会社は、東大阪市の不動産情報を数多く取り扱っております。

 

ご相談やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|東大阪市にある花園中央公園の規模や遊具と施設について   記事一覧   ペット可マンションでの近隣トラブルを防ぐためのマナーとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る