東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時に仲介業者を利用することで省ける手間とは?

不動産購入時に仲介業者を利用することで省ける手間とは?

≪ 前へ|知っておきたい!所有権と借地権の違いと土地の権利の種類   記事一覧   東大阪市での暮らしがより便利に!大阪モノレールの延伸計画に注目|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

不動産の購入を考えたとき、大半の方は不動産会社に仲介を依頼すると思います。

 

不動産会社に仲介をお願いすると、売主と買主の仲介をして契約を結んだり、契約に至るまでの手続きや業務をしてくれるので助かります。

 

しかし不動産会社に仲介を頼むと、手数料などの諸経費が掛かるので少しもったいないと考えた人もいるのではないでしょうか?

 

ここでは、個人間売買のリスクと不動産会社の仲介を利用する必要性やメリットについてご紹介します。


不動産の購入などにおける個人間売買は可能なのか?


不動産購入時に仲介業者を利用する


不動産の個人間購入や販売は、法律上問題ありません。

 

そのため個人間売買をすれば仲介手数料などの諸経費もかからず、売れたときの利益がそのまま残るのでお得ですよね。

 

そのうえ悪い業者に出会ってしまい、詳しくわからないからとおまかせしてしまって騙されるということがありません。

 

しかしなぜ、個人間での購入や販売が普及しないのでしょうか?

 

じつは、個人間売買のメリットよりも、仲介業者を利用した方が大きなメリットがあるからです。

 

次項については、仲介業者を利用するメリットをご紹介いたします。


不動産購入時に仲介を利用するメリットについて


不動産の購入時に仲介を利用することで以下のようなさまざまなメリットがあります。

 

1.トラブル回避ができる

 

不動産売買にはさまざまな法律や税制、契約手続きがあり非常に複雑です。

 

ルールの改正も頻繁におこなわれるので、把握しきることが難しいのです。

 

知らなかったからと、無自覚のまま法律違反を犯すことも考えられます。

 

そうなるよりも専門家にお願いした方が安心ですよね。

 

2.売買に必要な手間をまかせることができる

 

不動産会社に仲介の依頼をすることで、不動産売買における手続きの手間がはぶけます。

 

個人でこれらの書類作成ややり取りをするには、時間もかかりトラブルを招きかねないので、すべておまかせできるのはとても助かります。

 

3.住宅ローンの申し込みがしやすい

 

ほとんどの方は、不動産物件を購入する際に住宅ローンを申し込みますよね。

 

実は、金融機関によっては不動産会社を介していない個人間売買の場合、基本的に住宅ローンの審査が通りません。

 

そのため住宅ローンを組んで物件を購入するには、不動産会社の仲介が必要不可欠なのです。


まとめ


以上、不動産会社を利用するメリットをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

不動産会社に仲介をお願いすると販売に必要な手間などにわずらわされることもなく、安心できますよね。

 

不動産購入をご検討されている方は、ぜひご参考ください。

 

私たちプログレコ株式会社は、東大阪市の不動産を数多く取り扱っております。

 

不動産に関するご相談やお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|知っておきたい!所有権と借地権の違いと土地の権利の種類   記事一覧   東大阪市での暮らしがより便利に!大阪モノレールの延伸計画に注目|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る