東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 無理のない住宅ローンの月々の平均的な返済額の考え方について

無理のない住宅ローンの月々の平均的な返済額の考え方について

≪ 前へ|東大阪市にある花園中央公園の子ども用アスレチックや開催イベントをご紹介   記事一覧   子連れランチにおすすめ!東大阪市のお子さま連れ向けのレストラン|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

マイホームを現金一括で購入する方は少ないですよね。

 

一般的には住宅ローンを組んで購入するのではないでしょうか。

 

そのため、どの家庭でも月々の返済額を少なくしたいと考えていますよね。

 

そこで、住宅ローンの月々の返済額についての考え方をご紹介したいと思います。


住宅ローンの平均的な返済額について


無理なく住宅ローン返済する考え方


住宅ローンに限らず借入は、大きな金額を長期間借りるほど、利子が大きくなり、返済額全体も増えていきます。

 

とくに住宅を購入したときに組む住宅ローンは、何千万というお金を借りますから、利子だけで数百万円~数千万円になることも考えられます。

 

そのため、無理のない住宅ローンを組むための考え方を知っておく必要があります。

 

一般的に住宅ローンが収入の30%を超えると、生活が苦しくなる可能性が高いといわれています。

 

月々30万円の手取りがあった場合、平均9万円をこえるような住宅ローンの組み方をすると厳しいでしょう。

 

そのため、できるだけ住宅ローンの返済額を手取り収入の20%ほどにしておく必要があります。

 

一人暮らしを経験された方であれば、家賃と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

平均的な手取りが30万円程度なのに、10万円以上する賃貸マンションは選びませんよね。

 

でも、6万円程度の家賃であれば、問題ないと思いませんか?

 

これが、手取りから20%の範囲です。

 

しかし、賃貸であれば部屋の修繕のために貯蓄する必要はありませんが、一戸建てやマンションなどのマイホームの場合はそうはいきません。

 

ローンとは別に、修繕費や税金などが別途発生します。

 

そのため、現在の収入状況だけでなく、将来のこともよく考えた上で、ローンを組む必要があります。


住宅ローンの無理のない返済額プランについて


近年、銀行への預け入れ利息が少なくなっていることはご存知かと思います。

 

定期預金の魅力がないと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、現在は借り入れの返済額に伴う利子も低くなっています。

 

利子が少ない低金利の現在は、その分借入限度額が高くなるということを指します。

 

金利は、時代や情勢によって細かく変動します。

 

若いころに住宅ローンのシミュレーションをした結果、借入限度額が低く、マイホームの購入をあきらめた方もいらっしゃると思います。

 

今一度仮審査に申し込んで、返済額のシミュレーションを出してもらうと違う結果が得られるかもしれません。


まとめ


住宅ローンは、収入の約20%の返済額に抑え、将来的に発生する費用のことも踏まえた上で、組んでいく必要があります。

 

しかし、過去に返済額のシミュレーションをして、返済が厳しいからとマイホームを諦めた方は、今一度査定を申し込んでみることをオススメします。

 

マイホーム購入可能なプランが見つかるかもしれません。

 

月々の返済額の考え方を理解し、ぜひ夢のマイホーム購入を検討してください。

 

東大阪市でマイホームを購入するなら、プログレコ株式会社までぜひご相談ください

≪ 前へ|東大阪市にある花園中央公園の子ども用アスレチックや開催イベントをご紹介   記事一覧   子連れランチにおすすめ!東大阪市のお子さま連れ向けのレストラン|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る