東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 取引の前に…売却理由の再確認をしよう!不動産売却の流れ

取引の前に…売却理由の再確認をしよう!不動産売却の流れ

≪ 前へ|充実した子育てコミュニティ!東大阪市の子育て支援とは   記事一覧   消費税の計算も必要になってくる?不動産売却の基準期間とは何か|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

ライフスタイルの変化により、不動産を売却しようとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

不動産を売却する流れをあらかじめ把握しておくと、取引をスムーズに進めることができます。

 

今回は、不動産売却の流れについてご紹介します。


不動産売却

 

不動産売却の流れ① 売却する理由を再確認する


不動産を売却する場合、売却する理由を明確にすることが大切です。

 

子どもが独立して夫婦だけで住んでいる、子どもの成長に伴い広い家に住み替えたいなど理由を明確にすると、価格や引き渡し時期などの売却条件も決めやすくなるでしょう。

 

なお、人に貸して賃貸料をもらう、リフォーム・建て替えするなどの選択肢もあるので、専門家に相談してみることがおすすめです。

 

不動産売却の流れ② 売却の流れ


1. 不動産の売却価格を決める

 

不動産の流れとしては、まず不動産会社のサイトで売却相場を把握した後、複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

 

周辺の売却相場や不動産の査定価格を参考にして、不動産の希望売却価格を決めます。

 

2. 不動産会社と媒介契約を結ぶ

 

買主を自分で探すのは難しいので、不動産会社と媒介契約を結んで買主を探してもらうのが一般的です。

 

なお、自分で買主を探して売買契約を結ぶこともできますが、取引後にトラブルが発生する可能性があるので、不動産会社に仲介を依頼した方が安心でしょう。

 

3. 購入希望者と売却条件を調整する

 

買主が見つかったら、価格や引き渡し時期などの売却条件を調整して、売買契約を結びます。

 

売買契約を結ぶ際、買主から手付金を受け取るので、不動産会社に仲介手数料の半額を支払います。

 

引き渡し時期がきたら、買主から残りの売買代金を受け取り、所有権の移転や抵当権の抹消などの、登記申請を行ってください。

 

不動産売却の流れ③ 購入と売却のタイミング


マイホームを買い換える場合、購入と売却のタイミングにも注意しましょう。

 

転勤や進学など、引越し時期が決まっている場合は購入時期を、予算に制限がある場合は売却価格を優先することになるでしょう。

 

売却価格を優先する場合は、一時的に賃貸物件で仮住まいする可能性もあります。

 

なお、買い換えを行うと、税制上の特例を受けられる場合があるので、事前に確認すると良いでしょう。

 

まとめ


以上、不動産売却の流れについてご紹介しました。

 

不動産売却は複数の手続きが必要なので、取引の大まかな流れを把握していた方が安心です。

 

私たちプログレコ株式会社では、不動産の売却査定を行っております。

 

売却不動産の買取りも積極的に行っていますので、不動産を売却するタイミングで悩んでいる場合はぜひ、当社までお気軽にご相談ください。

≪ 前へ|充実した子育てコミュニティ!東大阪市の子育て支援とは   記事一覧   消費税の計算も必要になってくる?不動産売却の基準期間とは何か|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る