東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 東大阪市で延長保育を利用しよう!利用するメリットは?

東大阪市で延長保育を利用しよう!利用するメリットは?

≪ 前へ|東大阪市の幼保連携認定こども園はどんな施設?   記事一覧   東大阪市で病児保育を利用しよう!利用するメリットは?|次へ ≫
カテゴリ:<子育て・エリア情報知っ得!>

共働き世帯の方の中には、子どもを長時間預けたいと希望されている方は多いのではないでしょうか?

 

特にフルタイムで働いていると、通常の保育時間では仕事との両立が難しいものですよね。

 

また、今は仕事をしていなくても、将来仕事を始めたり、復帰を考えていたりする方は、保育園の延長保育について知っておくのはとても大切なことでしょう。

 

今回は東大阪市にマイホームをご検討されている方に向けて、保育園での延長保育についてご紹介します。


東大阪市の延長保育を利用するには?


東大阪市の延長保育について


そもそも延長保育とは、通常の保育時間を超えた時間までお子さまを預けることができる制度のことです。

 

東大阪市においては、通常午前9時から午後5時が保育時間となっていますが、延長保育を利用すると、午前7時から午後7時までの開所時間にもお子さまを預けることができます。

 

こうした延長保育を利用するには、「延長保育利用申込書」と「勤務証明書」を提出するなど、所定の手続きが必要です。

 

また、利用できる保育時間は、勤務時間に通勤時間をプラスした時間になります。


東大阪市での延長保育の利用料金は?


東大阪市で延長保育を利用する場合の利用料金は、いくら程度なのでしょうか。

 

平成2441日より利用料金が変更となっており、以下の通りです。

 

・延長保育時間~30分未満:1回あたり100

 

・延長保育時間~60分未満:1回あたり200

 

・延長保育時間~90分未満:1回あたり300

 

・延長保育時間~120分未満:1回あたり400

 

ただし、延長保育が利用できるのは、1か月あたり6,000円以内が上限となっており、それぞれの1回あたりの料金に利用日数をかけて、利用料金が算出されます。

 

また、延長保育の開始時間は、保育園の開所時間によって変化し、午前7時開所の保育園では午後6時から、午前7時半開所の保育園では午後6時半から利用することができます。

 

開所時間は保育園によって違うので、事前に保育園に問い合わせし、ご家庭のニーズにあった保育園を利用すると良いでしょう。


東大阪で延長保育を利用するメリットは?


   仕事と子育ての両立が可能!

 

延長保育を利用する一番のメリットは、仕事の就業時間に安心してお子さまを預けることができる点でしょう。

 

お子さまを預けられる環境がなければ、仕事と育児の両立は難しくなりますよね。

 

今は仕事をしていなくても、これから就職を目指す場合には、大きな壁となってしまうでしょう。

 

延長保育を利用することによって、仕事と育児の両立ができるようになるでしょう。

 

   食事が出る保育園もある!

 

保育園は厚生労働省の監督下に置かれ、子どもの発育においてはさまざまな配慮がされています。

 

延長保育では夕飯の時間帯までお子さまを預けることになるため、食事が提供されることが多く、栄養面に配慮した夕食が出されます。

 

   さまざまな年代の子どもと触れ合える

 

通常の保育では同学年でクラス分けがされ、違う年代の子どもたちと触れ合える機会が少ないのが現状です。

 

延長保育では、両親の都合により預けられるため、さまざまな年代の子どもたちが同じ部屋で過ごすことが多くあります。

 

そのため、普段の生活では関わることのない年代の子どもたちと触れ合える機会が増え、人間関係を構築する力を養うことができます。


まとめ


今回は東大阪市の延長保育についてご紹介しました。

 

近年は、働き方改革が提唱され、残業時間が軽減される傾向にありますが、やはり共働き世帯にとって延長保育はなくてはならない存在です。

 

お子さまの成長と仕事の両立を図るためにも、事前に延長保育についての情報を集めてみてはいかがでしょうか。

 

私たちプログレコ株式会社では、東大阪市に子育てファミリー向けの一戸建てを豊富に取り揃えております。

 

東大阪市でマイホームの購入をご検討されている方はぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|東大阪市の幼保連携認定こども園はどんな施設?   記事一覧   東大阪市で病児保育を利用しよう!利用するメリットは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る