東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却する前に住宅ローンは繰り上げ返済してでも完済するべき?

不動産を売却する前に住宅ローンは繰り上げ返済してでも完済するべき?

≪ 前へ|食で子どもは健やかに育つ!東大阪市が取り組む食育活動   記事一覧   不動産の売却をキャンセルしたいときはどうする?違約金は発生するの?|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

今所有しているマンションなどを売却したいとき、気になるのが、住宅ローンの返済です。

 

残っていても売却できるとは言え、住宅ローンを繰り上げ返済して、借金が無い状態にしておいた方が良いのでしょうか。

 

住宅ローンの繰り上げ返済のメリットや注意点について、知っておくべきポイントを押さえましょう。


不動産売却の前に繰り上げ返済をするメリット


売却前に繰り上げ返済をした不動産


不動産を売却する前に住宅ローンを繰り上げ返済するメリットは、主に以下の3つです。

 

まず1つ目は、住宅ローンをすべて返済すると、その不動産に設定されている抵当権を自分自身で抹消できることです。

 

住宅ローンが残っている場合、抵当権抹消の手続きは煩雑になるため、司法書士に依頼しなければいけません。

 

自分で抵当権を抹消できれば、司法書士費用(12万円)が節約できます。

 

また、契約から決済までの日数が短くなるので、その不動産の早期買い取りを希望する不動産業者との取引も可能です。

 

2つ目は、ローンを早く返済した分、利子の差額分がお得になることです。

 

3つ目は、家を買い替える場合に、新しい家の住宅ローンの審査が有利になることです。

 

融資する金融機関にもよりますが、一般的に購入資金の実際の融資額は、融資可能額から今のローン残額を引いた金額となります。

 

また家を買い替える際、住宅ローンが残っているなら先に家を売りに出す「売り先行」が基本となりますが、ローンを完済しているなら先に家を買う「買い先行」が可能になります。

 

いい物件が見つかればすぐに購入できますし、住み替える際に一時的に別の賃貸を借りるなどの手間も省くこともできます。

 

以上のとおり、早く売って早く買えることが、繰り上げ返済のメリットです。


不動産売却の前に繰り上げ返済をする際の注意点


では、逆に繰り上げ返済をする際の注意点を見ていきましょう。

 

こちらは主に2つ挙げられます。

 

1つ目は、手元から多額の現金が無くなってしまうことです。

 

貯金が目減りし、生活にそれまでの余裕が無くなったタイミングで、働き手が病気になるなどの一大事が起きたら、どうしますか?

 

必要な資金を新たなところから借り入れるしかありませんが、残念ながら住宅ローンほど低金利で融資をしてくれるところは他にありません。

 

より金利の高いところへローンを借り換えしたような状況になってしまうのですね。

 

このような事態を避けるためにも、お金はなるべく手元に残しておきたいもの。

 

2つ目は、団体信用生命保険による安心がなくなってしまうことです。

 

団体信用生命保険、通称団信保険とは、住宅ローンを組むときにほとんどの人が加入するものです。

 

これは、住宅ローンの契約者が死亡または高度障害状態になってしまった場合に、住宅ローンの返済を免除してくれます。

 

しかし、住宅ローンをすべて返済し終えれば、当然この保証はなくなります。

 

働き手に万が一のことが起きた場合、すぐに買い手がつけば売却資金が入りますが、売れなければ、繰り上げ返済で底をついた貯金をやりくりしなければなりません。

 

もしもの時の備えがなくなるのは、非常に心細いですよね。

 

以上が繰り上げ返済をする際の注意点でした。


不動産売却の前に繰り上げ返済は、無理にするべきではない


繰り上げ返済のメリットと注意点から考察すると、今すぐ売りたいというのでなければ、無理に住宅ローンを繰り上げ返済すべきではない、という結論になります。

 

早く返済して少しでも利子分の費用を節約したい、という気持ちはわかります。

 

しかし、万が一家族に何か起きた時の保証と、その利子分の節約を天秤に掛けたら、どちらがより大きいお金になるか、おわかりでしょう。

 

住宅ローンはたしかに借金ですが、あらゆるローンの中でも金利が飛び抜けて低く設定されており、さらには団信保険がついていて生活を守る安心材料となっていることも事実です。

 

人生にいつ何が起こるかなんて分かりません。

 

万が一の事態に備えた生活をしていくことが、大切なのではないでしょうか。


まとめ


ここでは不動産売却の前に、住宅ローンの繰り上げ返済をすべきかどうかについて、そのメリットと注意点を具体的に挙げてご説明しました。

 

結論は、今すぐ売りたいのでなければ、繰り上げ返済は無理にすべきでない、ということです。

 

今後マンションなどの不動産売却を検討している方に、ご参考にしていただければ幸いです。

 

東大阪市不動産売却をするなら、プログレコ株式会社まで問い合わせください

≪ 前へ|食で子どもは健やかに育つ!東大阪市が取り組む食育活動   記事一覧   不動産の売却をキャンセルしたいときはどうする?違約金は発生するの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る