東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 我が家の売却を検討している方へ 居住中に物件の売却は可能なのか?そのメリットとポイントを紹介!

我が家の売却を検討している方へ 居住中に物件の売却は可能なのか?そのメリットとポイントを紹介!

≪ 前へ|東大阪市の子育てママ必見!産後の受診に大切な産婦健康診査が拡充された!   記事一覧   築浅マンションを少しでも高い価格で売却するには?|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

マイホームの売却を検討する際のケースとして、家を空けた状態で売却する場合と居住した状態で売却する場合があります。

 

居住した状態で売却の場合、生活をしているため物件を売る雰囲気ではなく、売却に不利なのでは?と思う方もいるかもしれません。

 

しかし居住中の売却のメリットはあるのです。

 

今回は居住中の状態で家を売却するメリットと、そのポイントについて説明します。


居住中の家の売却を検討する家族


居住中に家を売却するメリットは?


居住中に家を売却することは可能ですが、メリットはあるのでしょうか?

 

例えば、内覧も事前に調整すれば行うことになりますが、生活感が出やすいので買い手にいい印象を与えられるか不安ですよね。

 

メリットはいくつかあります。

 

買い手にとってこの物件が前にどのような人が住んでいたのか知ることができます。

 

家を空けた状態で内覧の場合は、不動産会社と買い手のみで内覧を行いますが、前に住んでいた方がいません。

 

なぜ引っ越したのかもわかりません。

 

もしかすると騒音や近所トラブルなどの可能性があります。

 

もし、売主と会えれば、その事情も少しは知ることができて、購入時の不安も解消できるかもしれません。

 

また売主の対応によっては買主にいい印象を与えることもでき、物件の評価も高くなるかもしれません。

 

不利と思われている部分が逆にメリットとして効果を出すかもしれません。


居住中に家を売却するためのポイント


居住中に家を売却するためのポイントはいくつかあります。

 

内覧時の家の清潔感です。

 

清潔感があれば、家自体も清潔に見えるし、「ここに住めば快適に住める」という印象を持つことができます。

 

目に見える部分だけでなく、食器棚や家具の上部や隙間などのほこりもキレイにするようにしましょう。

 

また買主へは、いろいろと情報提供やアドバイスをするようにしましょう。

情報を伝えることで、この家の事を知ることができて、買主の購入後のイメージもしやすくなるので、そのまま購入へとつながるケースもあります。

 

もちろん中には、不便さや家の中の汚れや傷などの不利な情報もありますが、包み隠さず伝えた方がいいです。

 

契約上、物件や設備についての不備などについては、きちんと伝える必要があります。

 

何も伝えずに買主に物件が渡った後、致命的な不備が見つかった場合、申告義務の違反として費用などを請求される可能性や契約解消の可能性もあります。

 

内覧の時に、先にそれらの情報を伝えることで買主の気になる点を解消させるのもひとつの策であると考えます。

 

なお、内覧は買い手ときちんと調整し、一緒に生活する家族とも確認した上で行うようにしましょう。


まとめ


居住中の売却は不利があるように思われがちですが、メリットもあります。

 

きちんとポイントをおさえて、不動産を売却しましょう。

 

プログレコ株式会社では、不動産売却の査定も行っておりますので、まずはご相談ください。
≪ 前へ|東大阪市の子育てママ必見!産後の受診に大切な産婦健康診査が拡充された!   記事一覧   築浅マンションを少しでも高い価格で売却するには?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る