東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 東大阪市の子育てママ必見!産後の受診に大切な産婦健康診査が拡充された!

東大阪市の子育てママ必見!産後の受診に大切な産婦健康診査が拡充された!

≪ 前へ|世界遺産のガウディ建築に魅了されました!   記事一覧   我が家の売却を検討している方へ 居住中に物件の売却は可能なのか?そのメリットとポイントを紹介!|次へ ≫
カテゴリ:<子育て・エリア情報知っ得!>

苦しい陣痛と出産の痛みに耐え、愛する我が子を出産した瞬間から始まる子育て。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、生活リズムが不完全なので、ママは四六時中付きっきりでお世話をしなくてはいけません。

 

睡眠時間が削られ、ごはんもゆっくり食べられないほど赤ちゃんのお世話に追われるママの多くは、心や体の調子を崩してしまいます。

 

そんなママの健康状態をチェックし、心身に問題がないか確認するのが産婦健康診査です。

 

今回は、東大阪市の産婦健康診査の内容についてご紹介します。

東大阪市の産婦健康診査


産婦健康診査を受診することが大切な理由


出産は時に命を落としてしまうことがあり、ママは文字通り命がけで赤ちゃんを産みます。

 

そして出産直後のママの体にかかる負担は、なんと全治8ヶ月相当の交通事故に遭ったのと同じくらいだそう。

 

それだけ大きなダメージを負った体が、12週間程度で回復することは難しく、産後1ヶ月は安静にしていなければいけません。

 

しかし、現実は赤ちゃんの世話に追われ、ゆっくり休んでいる暇なんてないですよね。

 

そうして日々を過ごすうち、ママの心や体はいつのまにか病気になっていることもあり、ひどい方は産後うつに悩まされることだってあります。

 

そんなママ達のSOSを早期発見するために、産婦健康診査を受診することが大切なのです。

 

産婦健康診査によってママの健康状態を知って、体がどのくらい回復しているか確認します。

 

もし何かしら異変がある場合は、周りがサポートするきっかけにもなります。

 

赤ちゃんの健康や育児も大事ですが、赤ちゃんを世話するママも大事です。

 

しっかりと健診を受けるようにしましょう。


東大阪市が受診をすすめる産婦健康診査の内容は?


東大阪市はこれまで、「産後健康診査」という名称で産後のママの健診を行ってきました。

 

その際、産後健康診査の受診券を交付して健診費用を補助していました。

 

そして20191月より、名称を「産婦健康診査」へ変更して、受診内容と健診費用の補助額を拡充しました。

 

受診は出産後2週間前後の時と、出産後1ヶ月後の計2回受診することができます。

 

補助額については、それぞれ上限5,000円となっています。

 

そして産婦健康診査では、問診・診察・体重・血圧測定・尿検査・こころの健康チェックを行います。

 

受診票は、妊娠届を出す際に母子健康手帳と併せて交付されますので、なくさないように保管しておきましょう。

 

なお、産後8週間を過ぎると産婦健康診査は受診できませんのでご注意ください。


まとめ


東大阪市の産婦健康診査の拡充について紹介しました。

 

赤ちゃんを産んだ後、ママはつい自分のことを後回しにして我が子を優先します。

 

しかし、それが理由でママが倒れてしまってはいけないので、自らの健康状態をしっかりと知ることが大切です。

 

東大阪市へ引越し予定で出産を控えているママは、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

安心して子育てできる環境作りに力を入れる東大阪市の不動産探しは、プログレコ株式会社へぜひご相談下さい
≪ 前へ|世界遺産のガウディ建築に魅了されました!   記事一覧   我が家の売却を検討している方へ 居住中に物件の売却は可能なのか?そのメリットとポイントを紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る