東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > マイホームを買い換えるときの特約とは?注意するべきポイント!

マイホームを買い換えるときの特約とは?注意するべきポイント!

≪ 前へ|家や土地の売却を考えている方必見!「買取」と「仲介」の賢い選び方   記事一覧   不動産売却時に知っておきたい!住宅の「耐用年数」について|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

マイホームの買い換えは売りと買いのタイミングの差があり、厄介なものです。

 

この時いろいろな特約があります。

 

この特約について紹介し、注意するべきポイントを解説します。

 

マイホームを買い替える時の特約について


 

マイホームを買い換えるときの基本的な特約!

 

マイホームを買い換えなければいけなくなった時には売買の時間的な差が大きな問題になります。

 

売買の方法には売り先行と買い先行がありますが、どちらもリスクがあります。

 

リスクを回避するためには買主と売主間でいろいろな特約が結ばれます。

 

一般的なものは買い換え特約というものです。

 

これは売りたい物件がこの期日までにこの価格以上で売れなければ購入契約を白紙に戻して解除できるというものです。

 

この特約なしで白紙解除などをすると手付金が返ってきませんから、売れるかどうか不安がある売主にとっては、この特約はぜひとも結んでおきたいものです。

 

ここで注意すべきポイントは、設定価格と期日です。

 

この特約を結びたいために譲歩して安くしたりしないようにして下さい。

 

もう一つ一般的な特約にローン特約があります。

 

買い換えにより売却した物件の住宅ローンは売却した入金で返却しますが、新しく購入する住宅に対する住宅ローンの借入が必要になります。

 

住宅ローンの審査には時間がかかります。

 

この特約はもし住宅ローンが借入できない時には契約は白紙解除されるというものです。

 

住宅ローンで家を購入する時は大抵の場合この特約が付けられます。



マイホームを買い換える時のその他の特約!


マイホームの買い換えにはその他にもいろいろな特約があります。

 

買取保証特約とはある期日までに売りたい物件が売れなかった場合不動産業者に買い取ってもらうというものです。

 

これは売却を依頼する不動産業者との間で交わすものですが買い取りの価格等のポイントで十分注意が必要です。

 

先行入居特約とは売買代金を全額支払って所有権が移転する前に入居できるという特約です。

 

これにより前の住宅が売れる前に先行して入居することができ、引っ越しなども楽になります。

 

これに付帯して選考内装の特約などもあります。

 

所有権移転前に内装の改装ができるもので、やはり早く住むのには便利です。

 

また家を売る方にも先行決済の特約などがあります。

 

決済時に買主から売買の代金を受け取った後、物件の引き渡しを延ばしてもらうものです。

 

これにより住む家の購入がスムーズになります。


 

まとめ


いかがでしたか?

 

マイホームの買い換え時にはいろいろな特約があります。

 

これを利用してマイホーム売買のタイミングの差によるロスを少しでも減らしてスムーズな買い換えを進めましょう。

 

私たちプログレコ株式会社では、売却査定を行っております。

 

不動産売却に関するご相談は、当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|家や土地の売却を考えている方必見!「買取」と「仲介」の賢い選び方   記事一覧   不動産売却時に知っておきたい!住宅の「耐用年数」について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る