東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 中古物件の売却前に絶対リフォームをする必要はない!?

中古物件の売却前に絶対リフォームをする必要はない!?

≪ 前へ|映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。   記事一覧   不動産売却の際の共有持分と分割請求とは?|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

マンションであれ一戸建てであれ、中古物件を売却するとき、売る前にリフォームしよう、そう考える人も多いのではないでしょうか。

 

「買い手とすればやっぱり新しい、ピカピカの物件が欲しいだろうし、リフォームすればその分高く売れるはず」

 

…などと考えている人は、是非この記事を読んでください。

 

なぜなら、「中古物件はリフォームが必要」とは、限らないんです。


不動産の売却



リフォームして売却する物件が買い手の好みに合うとは限らない


中古物件の買い手は、必ずしも新品同様の物件を欲しがっているわけではありません。

 

そもそも、「中古物件」を探している人は、最初から物件がある程度古いことを前提の上で物件を探しています。

 

そのため、内装のきれいさや新しさよりも、築年数など別の部分を重視している人が多いです。

 

人によっては、手つかずのレトロな雰囲気が良い、そのような人もいます。

 

その点から、「新品同様の方が買い手も喜んでくれる」と決めつけてリフォームするのは危険です。


 

売却した物件を購入後にリフォームしたい買い手もいる


中古物件の買い手の中には、物件の購入後に自分の手でリフォームすることを考えている人もいます。

 

そのような人は、物件の古さなどはさほど気にしません。

 

購入した後で、自分の手で自分好みにリフォームすることを考えているからです。

 

そのような人にとっては、物件が新品のようにきれいなことよりも、物件を安く手に入れることの方が重要なのです。



リフォームすると売却代金が高くなって売れにくくなる


ここまで、中古物件を探している人は自分でリフォームするつもりなので、物件を安く手に入れたがっていることを説明しました。

 

そのような人からすると、売却前にリフォームされた物件はリフォーム代の分、費用が高くなってしまい、敬遠されてしまいます。

 

そもそも、リフォームに費やした費用を、必ずしも物件の売却代金に上乗せして回収できるとは限りません。

 

リフォームに費やした費用は、物件そのものの価値とは別だからです。

 

また、売却査定に必ずしもリフォーム代が反映されるとは限りません。

 

売主の売却希望価格と、査定価格に差が生まれてしまうと、売却がスムーズにいかなくなることもあります。



もし売却前にリフォームするのなら


もし売却前にリフォームをするのなら、掃除やクリーニング、簡易リフォームなどでとどめるのがよいでしょう。

 

常日頃から掃除をして清潔感を保ち、壁や床に傷や汚れがあったら修繕し、場合によっては壁紙や畳、床の張り替えなどが必要です。

 

とはいえ、必ずしも新品同然にする必要はなく、他人に引き渡す際に失礼にならない程度の清潔感が保てれば、それで充分です。



まとめ


中古物件を売却する際に、清潔な状態にしておくことは大切です。

 

しかし、絶対リフォームをして、新品同然にしてしまう必要はありません。

 

中古物件売却の前にリフォームを考える際は、本当に必要なのか十分に検討しましょう。

 

東大阪市で中古住宅の売却を検討中なら、プログレコ株式会社までぜひご相談下さい

≪ 前へ|映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。   記事一覧   不動産売却の際の共有持分と分割請求とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る