東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > マイホームの売却査定方法は2種類 その違いは何?

マイホームの売却査定方法は2種類 その違いは何?

≪ 前へ|不動産売却したら代金はいつ頃入金されるの?   記事一覧   不動産売却後は確定申告をしよう!負担を軽減できる特例も要チェック!|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

マイホームを売却しようと思っていても、実際にどれくらいの金額で売れるか分かりません。

 

そんな時に利用したいのが、不動産会社による価格査定です。

 

マイホームの広さや周辺環境・相場・過去の事例を総合的に判断し、不動産の価値をだいたいの金額で提示してもらえます。

 

今回は不動産会社が行なっている、マイホームの売却査定方法について紹介します。


マイホームの売却について



マイホームの売却査定方法① 簡易査定


簡易査定は、マイホームの間取りや周辺にある物件の取引状況・成約事例などデータをもとに概算を出す方法です。

 

店舗まで足を運ばなくても、メールや電話でマイホームの種別(一戸建て・マンション等)や所在地・築年数・土地の広さなどを伝えるだけで依頼することができます。

 

依頼する不動産会社にもよりますが、早ければ23日で結果が出ますので、いち早く金額を知りたい場合や売却を検討し始めた段階で利用すると良いでしょう。

 

なお、物件個別の条件までは反映されないため、実際の価格と大きく違う場合もあります。



マイホームの売却査定方法② 訪問査定


訪問査定は、不動産会社の担当者が現地にて調査する方法です。

 

簡易査定で調べられる項目以外にも、マイホーム個別の現況を反映した金額を算出してもらえます。

 

ですから築年数のわりに状態が良ければプラスに、通常より悪ければマイナスに算出されることもありますよ。

 

他にも、図面上ではわからない日当たりや周辺の道路状況なども加味されます。

 

より実情にあった金額を知ることができますが、現地調査をともなうため時間がかかります。

 

調査自体は数十分ほどで終わるものの、最終的な結果が出るまでには数日かかります。

 

より正確な価格を知りたい場合や、具体的に売却を進めていきたい段階で利用すると良いでしょう。



マイホーム売却査定に関する注意点


簡易査定・訪問査定ともに、どちらの判定方法も市場的な価値を示す数値です。

 

ただ不動産会社によって評価方法は異なるため、複数の不動産会社に査定を依頼した場合は算出額が異なることも珍しくありません。

 

ですが査定結果の金額が異なることは、相場感をつかみやすいメリットでもあります。

 

「うちを売るとだいたいこのくらいの金額で取引されるんだな」と感覚をつかむことは、マイホーム売却における大切なポイントです。



まとめ


マイホームの売却査定額は、不動産会社の査定方法や物件の条件次第で変わりますが、客観的に物件の状況を判断するためには重要な材料です。

 

今後マイホームを売却される際は、ぜひ簡易査定・訪問査定の両方を利用して、納得のいく売り出し価格を決めましょう。

 

東大阪市でマイホーム売却を検討している方は、プログレコ株式会社までぜひご相談ください

≪ 前へ|不動産売却したら代金はいつ頃入金されるの?   記事一覧   不動産売却後は確定申告をしよう!負担を軽減できる特例も要チェック!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る