東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却したら代金はいつ頃入金されるの?

不動産売却したら代金はいつ頃入金されるの?

≪ 前へ|不動産の売却について 期間はどのくらいかかる?   記事一覧   マイホームの売却査定方法は2種類 その違いは何?|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

一戸建てやマンションなどの不動産売却が決まったら、やはり気になるのは、いつそれがどういった形で入金されるのかですよね。

 

その金額も大きいものになるので、どう代金が支払われるのか、その流れをご紹介します。

 

不動産売却の代金が支払われるタイミングとシステム


不動産売却時の代金


大きなお金が動く不動産売却。

 

その代金が支払われるのは、「売買契約」(手付金)の時と「決済引き渡し」の2回です。

 

入金される金額の内訳は、売買契約時(手付金)は売却した代金の10%~20%となります。

 

例えば、物件を3000万円で売却した場合、売買契約の時に手付金として300万円支払われ、その後決済引き渡しの時に残りの2700万円が売主に支払われます。

 

入金される金額も大きいので、手形や現金のやり取りよりも、銀行からの振り込みの形をとるのが一般的です。

 

また、これらの代金が支払われるスケジュールですが、目安として不動産売却を開始してから売買契約が結ばれるまではおよそ3か月、その後手付金が支払われてから決済引き渡しまでは約1ヶ月半の時間がかかります。

 

買主のローン審査が段階的に行われることや、仲介業者と買主との手続きなども行われるので、これくらいの期間を設けておいた方がいいでしょう。

 

不動産売却後に手付金が支払われた後の注意点


無事に買主も決まって手付金も支払われ、これでもう安心と思いたいところ。

 

しかし、不動産売却はまだ完全に終わったわけではありません。

 

買主側が住宅ローンの仮審査と本審査を受けるので、全ての審査が無事に終わるまで、受け取った代金はそのまま保管しておくべきです。

 

その理由は、買主の審査が通らなかった場合、売買契約が白紙になってしまい、受け取った手付金を全て返却しなければいけません。

 

そのため、決済引き渡しの日までは手付金は使わずにとっておきたいものです。

 

買主の審査が通らなければ何も進みませんので、進行中の数か月は慎重に事を見守ることが大事です。

 

まとめ


大きな買い物となる不動産は、中古住宅ということで売りに出されて、優秀な仲介業者の力を借りて買主が見つかれば、大変幸運なことです。

 

自分の所有していた不動産を売却するという作業は、売却を開始してからやはりそれなりに時間がかかるので、売却後の自分の住まい探しのタイミングも含めて、段取り良く進めていく必要があります。

 

売主・買主ともお互いがよい契約を結べるよう、事前の準備や仲介業者への相談を重ねるなどして契約をまとめたいものです。

 

プログレコ株式会社では、東大阪市の不動産物件を取り扱っておりますので、お気軽にお問わせ下さいませ。

≪ 前へ|不動産の売却について 期間はどのくらいかかる?   記事一覧   マイホームの売却査定方法は2種類 その違いは何?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る