東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の買い替え時に買い先行を選ぶメリット・デメリット

不動産の買い替え時に買い先行を選ぶメリット・デメリット

≪ 前へ|日本の北の端を走ってきました!が・・・。   記事一覧   不動産の売却について 期間はどのくらいかかる?|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

マイホームなどの不動産売却を検討している方は、同時に住み替えも考えている方も多いと思います。

 

住み替えで失敗をしない為には、お家を売り、その後新居をスムーズに取得する必要があるでしょう。

 

特にマイホームの売却金で不動産を取得しようとお考えの方は、リスクが大きいです。

 

「家は売れたけど新居が見つからない」「物件購入に必要なお金が用意できない」といったトラブルを避けるためにはタイミングが大切ですよ。

 

今回は、不動産の買い替えで重要なポイントとなる買い先行について解説します。


不動産を買う


不動産の買い替え 買い先行のメリットとは?


前回紹介したように、不動産の買い替えは買い先行売り先行2通りがあり、どちらが自分に適しているのか知ることが大切です。

 

新居となる不動産物件を先に購入し、その後今お住まいの家を売却する買い先行と、先にマイホームを売却した後に不動産物件を購入する売り先行

 

それぞれ、メリットとデメリットがありますが、買い先行のメリットは、不動産物件を慎重に選べる点が挙げられます。

 

マイホームはまだ先に売却していないので住まいがなくなる心配もなく、希望する物件が見つかるまでゆっくりと選ぶ事が出来るでしょう。

 

また、希望物件を見つけてそこに入居するのであれば、前のマイホームを空き家にした状態で売却できるメリットもあります。

 

空き家であれば、マイホームの大規模な修繕が可能となりますので、破損した箇所などリフォームし、より良い状態の物件を売却できます。

 

リフォーム物件なら築年数が経っているマイホームも、売却益の向上が期待できますね。


不動産の買い替え 買い先行のデメリットとは?


一方でデメリットは、新居の購入資金が得られない可能性が高くなる点です。

 

新しい住まいとなる不動産を取得しても、支払いの決済までに今お住まいのマイホームが売れる保証はありません。

 

不動産売却が決済の期限日に間に合わなければ、不動産取得に必要なお金が用意できず、経済的にも大きな痛手となるでしょう。

 

また、期限日に合わせて売却を急げば、理想の価格でマイホームが売れず、満足できる資金が得られないことも十分に考えられます。

 

さらに、売却が遅くなれば新居と旧居両方の住宅ローンが重なり、ローンを二重に支払う必要があります。

これらのリスクを回避して、買い替えをスムーズに行うには売却するタイミングが重要です。

 

マイホーム売却に不安がある方は、新居購入の契約を白紙に戻せる買い替え特約を利用することもオススメしますよ。


まとめ


マイホームの買い替えで重要なポイント、買い先行のメリットを解説いたしました。

 

マイホームの住み替えを検討している方は、ぜひメリットとなる点を把握して、事前にマイホームの購入と売却に備えましょう。

 

先にご紹介した売り先行のメリット・デメリットと比較して、どちらがよりご自身にとって良い買い替えとなるかご検討ください。

 

プログレコ株式会社では、東大阪エリアの不動を中心に売却のお手伝いをしております。

 

買い替え・住み替えに役立つ売却査も行っていますので、ぜひ問い合わせください
≪ 前へ|日本の北の端を走ってきました!が・・・。   記事一覧   不動産の売却について 期間はどのくらいかかる?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る