東大阪市不動産売却のプログレコ > プログレコ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の買い替え時に売り先行を選ぶメリット・デメリット

不動産の買い替え時に売り先行を選ぶメリット・デメリット

≪ 前へ|不動産売却時に掛かる税金にはどんなものがある?   記事一覧   日本の北の端を走ってきました!が・・・。|次へ ≫
カテゴリ:<不動産知っ得!>

現在住んでいる不動産物件を買い替えて新しい物件に引っ越そうと思った時、売却や引っ越しのタイミングは非常に重要なものとなってきます。

 

物件の売買や、それにともなう引っ越しには金銭的な面を初めとする様々な面での計画立案が必要となりますが、中でも不動産物件の売却方法を決める事は一つの大きなポイントとなっています。

 

この売却方法には「売り先行」と呼ばれる物と「買い先行」と呼ばれる物がありますが、ここでは「売り先行」のメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。


不動産買い替え時の売り先行とは


売り先行


「売り先行」とは不動産の売却を先に行い、売却が成立してから新居へ引っ越す形式の買い替え方を指します。

 

自宅の売却を先に行う事で、ローンへの対応や新居購入の頭金などを捻出するための物がこの方法で、一般的な住宅の買い替えにはこの「売り先行」の方法を使って売却計画を立てる方が多いです。


不動産買い替え時の売り先行① メリット


 

この方法のメリットは、まずきちんとした資金計画を立てやすい事にあります。

 

不動産を売却した場合は、その売却益はそのまま残った住宅ローン返済や新しい住居の購入に売却資金を充てる事ができるため、次の住宅購入をスムーズに進める事ができやすくなります。

 

また、売却してから引っ越しを行うため、売り急ぐ必要が少なく、売却するタイミングに余り縛られずにすみ、売値などを妥協する事無く希望額での売却契約が可能となりやすいです。

 

全般的に、この方法を使うと資金繰りに頭を悩ませる必要が少ないため、計画的な資金運用が可能となる点が最大のメリットと言えるでしょう。


不動産買い替え時の売り先行② デメリット

 

デメリットとしては、買い替えをした際に仮住まいをどうするか、といった問題があります。

 

所有物件の売却契約が結ばれた時、自分が望む物件がタイミングよく見つかるとは限りません。

 

そのため、あまりにも早い段階で売却が成立してしまうと仮住まいが必要となってしまうことがあり、余計な出費が必要となる場合が出てきます。

 

このため、物件の売却を進めると共に同時に次ぎに新しく住む物件探しも同時進行で行っていく必要がある点には注意してください。


まとめ

 

「売り先行」での不動産物件売却は、資金繰りが楽になる点と売却のタイミングや売却額を妥協せずに済む点が大きなメリットとなっています。


売却と物件探しを同時進行で行っていく事に気をつければ、売却契約が結びやすく住宅の買い替えがしやすい方法であり、特にいま急いで物件を売却する必要のない方にはピッタリの方法と言えるでしょう。


プログレコ株式会社では、東大阪市を中心とした多数の物件を取り扱っていますので、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|不動産売却時に掛かる税金にはどんなものがある?   記事一覧   日本の北の端を走ってきました!が・・・。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る